足の健康と足の悩み解消!〜フットケア通販◇足の健康SHOP

 足の健康と足の悩み

 足の健康◇足の悩み


 フットケア通販

足の健康SHOP                    足の悩み解消〜健康は足元から
足の健康通販では、大切な足の健康のためにフットケア商品と足のお悩み解消グッズを紹介しております。
足の健康とキレイな足!足の健康と足のお悩み!水虫などでお悩みの方への関連商品もご紹介しております。
                              足の健康について
「健康は足元から」と昔からよく言われます。足の裏には全身のツボがあり健康をはかるバロメーターになっていると言われます。
日本にもかつて日本らしい履き物がありました。草履・下駄・足袋など各々特性に応じた特徴と利点がありました。下駄は現代のサンダルに似ていますよね。
【足と老化】
「老化は足から」という言葉があるように、足は血液循環と密接な関係があります。血液は心臓から全身に送り出され、酸素と栄養を供給し、二酸と老廃物を回収して再び心臓に戻ってきます。ところが、足の筋肉を使わなくなると、血液を心臓に戻す力が弱くなって、血液循環に支障をきたすのです。なぜ足の筋肉の衰えが、と不思議に思われるかもしれません。確かに血液循環の原動力は心臓ですが、毛細血管などの末梢血管までいくと、その力は弱まります。それを補うのが筋肉の収縮、拡張なのです。血液の循環が手足の先までスムーズに行われないと、あらゆる病気の引き金になります。しかし、足の老化は20代から始まっていると言われます。最近、つまずきやすくなったり、歩幅が狭くなったたりしていたら要注意です。足の老化は加齢だけではなく、運動不足やサイズの合わない靴をはくことによってもおこります。普段から歩いたり、マッサージするなどを心がけることが大切です。


【足のむくみ】
足に関する女性の悩みに「むくみ」があります。夕方になると足がむくむという経験をお持ちのかたは多いでしょう。足のむくみは血液とリンパ液の滞りが原因です。血液は動脈から毛細血管へ流れ、ここで水分とタンパク成分は毛細血管の外に出て皮下組織の中の細胞で使われます。使われた水分はそのほとんどが静脈に戻りますが、タンパク成分と少量の水分は、静脈にそって巡っているリンパ管で回収されます。このとき、血液または血管が不健全なため静脈で回収する割合が減り、リンパ管での回収率が増えてしまうとリンパ管の処理能力を超え、水分が組織間隔にたまったままとなって、むくみとして現れるのです。むくみは蓄積すると取れにくくなって、本来の足の太さよりも太くなってしまいます。むくみは、おふろでのマッサージや足を高くして寝ることによって解消されますので、その日のうちに取って美しい足でいたいものです。
水虫とは
白癬菌と呼ばれるカビの仲間が、皮膚に感染したために起こる病気です。水虫といえば足だけに起こると思われがちですが、足以外にも白癬菌が感染することがあります。足に起きた時は「足白癬」と呼ぶこともあります。※白癬菌は皮膚の最外層である角質層の中にすみつき、これを構成しているケラチンを主な食物としています。

水虫の育ちやすい環境とは〜充分な温度と湿度、特に靴の中!
白癬菌の感染経路として、水虫の人がいる家庭で白癬菌が多く落ちているのは、バスルームの足ふきマットやスリッパ、畳、じゅうたん、寝具など。これらはすべて温度も湿気も十分あり白癬菌が再び人に寄生するのに適した環境だといえるでしょう。なかでもバスルームの足ふきマットは要注意です。お風呂上りは足の皮膚がやわらかくなりアカがはがれやすくなっています。また、家だけでなく、共同生活の場でも白癬菌は多く存在しています。そのため裸足で歩くスポーツジムやプール、浴場、スリッパを履いた後などでも、感染する可能性は充分あります。人間の足は一日になんとコップ1杯もの汗をかくといわれています。靴の中は足の汗がこもってしまうため、一日中靴を履き続けていると温度も湿度も時間がたつにつれてどんどん上昇します。これは白癬菌にとって絶好のすみかです。

水虫は根気が大切です〜 白癬菌はしつこい菌です。

白癬菌のしつこさに勝つには、負けずに根気よく治療を続けることです。かゆみなどの症状がとれて「もう治ったかな?」と思っても白癬菌は死滅していないことが多く、「高温・多湿」などの条件がそろうと再び活動を始めます。「水虫が治りにくい」とよく言われるのは、自覚症状が治まった段階で治療をやめてしまう人が治ったと思っていた症状が再発するからなのです。

水虫の種類

・趾間(しかん)型:主に足の指の間
皮膚がしめってふやけたようになり、じゅくじゅくする
湿潤型と皮が薄くむけ、赤くなる乾燥型に分けられます。 湿潤型は赤み程度も強く、細菌の二次感染により足全体がはれることもあります。

・小水泡(しょうすいほう)型:主に足の裏やふち、指の付け根
透明でやや粘り気のある液体を含む小さな水ぶくれができ、やぶれると液が出てきて次第にカサカサに乾き皮がむけます。必ずしもかゆみがあるわけではなく、水ぶくれもあまり目立たないことがあるため、水虫の存在に気づかずそのまま放置してしまうこともあります。

・角化型:足の裏全体、特にかかと
足の裏全体の角質層が厚くなり皮膚が堅くなります。かゆみは軽く、見た目はひび、あかぎれと区別しにくいのが現状です。足の裏全体にわたって粉をふいたような状態になります


水虫の早期治療3ケ条

1.いつも清潔に〜毎日石鹸でよく洗い、患部を清潔にする。〜
白癬菌が角質層にすみつく前にしっかり皮膚を洗浄すれば水虫を予防できます。念入りに足を洗浄していれば感染の可能性は少なくなります。特に指と指の間によごれがたまりやすいため、一本ずつ指を開いて石鹸の泡でしっかり洗うことが大切です。ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗うと皮膚を傷つけてしまうため、
手や木綿のタオルでやさしく洗いましょう。
2.上手な靴の選び方〜蒸れにくく、爪に負担をかけず、指の間もしめつけないようなゆとりのある靴を履く〜
一般的に、ブーツのような丈の高い靴は通気性が悪くなります。また、ヒールの高い靴をはくと指先に力が入り指の間がぴったりとひっつくことで通気性が悪くなります。これらの靴を履かないようにするのが最も望ましいのですが、どうしてもと言うときはせめて会社の中ではサンダルにしたり、昼休みなどには靴をぬいで足の通気をよくするなど、心掛けましょう。また、同じ靴を毎日履き続けたり湿った靴をそのまま放置しておくと、白癬菌の増殖を促してしまいます。汗による湿り気を求めて細菌が繁殖し、異臭を放つようにもなります。だから靴は何足か用意してローテーションして履くようにしましょう。
3.薬のぬり方
〜お風呂上りに、しっかりぬりましょう〜
薬は足をきれいに洗ってからぬるようにしましょう。お風呂上りに患部の水分をていねいにふき取り、その後皮膚が乾燥してから薬をぬることがポイントです。特に入浴後の皮膚はふやけてやわらかくなっているので、成分が浸透しやすくなってます。
魚の目 治療 魚の目 治療 方法 魚の目 タコ 魚の目 たこ 魚の目 芯 魚の目 除去 魚の目 取る 魚の目 原因 魚の目 治し方 魚の目 削り 魚の目 とり方 魚の目 取り方 魚の目 取り 魚の目 利き 魚の目 足 魚の目 痛い 魚の目 たこ 治療 魚の目 治す 魚の目 対策 魚の目 とり 魚の目 完治 魚の目 うおのめ 魚の目 ケア 魚の目 フットケア 魚の目 角質 削り たこ 魚の目 うおのめ たこ タコ 魚の目 足 魚の目 いぼ 魚の目 足 たこ ウオノメ 治療 ウオノメ 治療法 タコ ウオノメ 足 ウオノメ うおのめ 治療 たこ うおのめ うおのめ 治療法 うおのめ 原因 たこ 治療 タコ 足 足 タコ タコ 治療 足裏 タコ 足 うおのめ
GROUP*1 *2 *3 *4 *5 *6 *7 *8 *9 
サイトのご利用について
  copyright(c)〜足の健康と足の悩み解消!フットケア通販〜足の健康SHOP